スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

再就職までの道のりを振り返る(起業編)

 2010-12-31
前職を辞めたのは、常日頃から、もうサラリーマンの時代は終わったな、と感じていたせいもあります。

労使の信頼感はもはやなくなりました。会社を辞めたら生きる術がないサラリーマンと、足元を見る会社。労働者の尊厳も権利も何もあったものじゃありません。お偉いさんの中には、社員の生殺与奪権を握っていると勘違いしている輩もいます。日本経済に余力がなくなり、品格のない経営・マネジメント層が増えた現在、会社に生活基盤を依存してしまったら奴隷として扱われかねないわけです。

そんなことを考えて、自分で生計を立てたくて、個人事業に挑戦しました。初期投資が少なくて済むネットショップです。結果は、惨敗(T^T)。全く集客ができず、知り合いにしか売れませんでした。ネット広告やプレスリリースなど、色々と試しましたが、軌道に載せるには体力が足りないと判断して、閉店することにしました。

さて、こうなるとしかたありません。まだ生きていたいので奴隷だろうがなんだろうがやるしかありません。そんなわけで、9月の下旬から再就職活動を始めました。

それにしても、近年よくテレビの討論番組などで、ブラック企業の経営者がいっぱしのことを言ってるのを見かけますが、よく恥ずかしげもなく顔を出せるもんだと嘲笑しながら見ています。全員が経営者なんていけしゃあしゃあと言ってのける輩もいますが、バイト以下の待遇で経営者感覚で働けるわけないじゃん、とか。
あんな類の人間にこき使われるのはごめんこうむりたいので、自分で生きていく道の模索は続けていきたいと思っています。牙は失いたくないものです♪
スポンサーサイト

日本の底辺でポジティブに生きる!

 2010-12-30
どうも。年収1000万サラリーマンから一転リストラ→脱サラ個人事業失敗→薄給派遣会社勤務へ1年半かけて転落した、ウィルです(^^;)。

ようやく再就職を果たしたものの、これから定年まで勤め上げ、年金支給開始まで再雇用なんてのは宝くじにあたるより難しいのでは? そもそも、年金なんてアテにならないしね。とにかく日本という国は終わってると思います。

だからと言って私は悲観しません。悲観すると、つらいし、体調悪くなるし、つまらないし、全然自分のためにならないからです。だから、暗い話は全て批判対象にしてスカっとストレス解消、普段は考えないようにしています。

そもそも、終身雇用で定年まで頑張れば老後は安泰なんていうのがありえないくらい過分な夢だったんですよ。歴史をひもといても、こんな幸せが60年も続いた時代は稀でしょう。人間も、もともとはその日に食べる物を探すので精いっぱいで、力尽きればその場で朽ち果てる野生生物だったわけです。文明社会になってからも、楽しむ余裕を持って生きられるのはほんの一握りの特権階級のみなのが常でした。それを一億総中流なんて言って庶民が味わうことができただけでも、私の人生は既に十分に恵まれていると思います。

ここから先は生きられるだけ生きて、力尽きたら死ぬだけです。そう本気で思ってから、怖いことが極端に減りました。ストレスもなくなりました。お金がなくても気になりません。崩壊していく日本社会を斜めに見て、半ば自嘲的にせせら笑いながら死んでいくのも一興かと。
趣味悪いですかね(汗)。

そうした色々な覚悟をして開き直ることで、私は、どんなに底辺に落ちても前向きに楽しく生きていける力を得られると信じています。パンドラの箱から最後に放たれた「希望」。それを失っては生きていく価値はありません。死ぬまで希望を持って生きていけるように全力を尽くします。

このカテゴリでは、自分を励ます意味も含めて、祭りの後を前向きに生きる考え方を書いていきたいと思います。

Javaプログラマ認定資格を受験します!

 2010-12-29
恥ずかしながら、普通自動車免許以外に免許・資格、一切持ってませんσ(^^;)。

会社では何も言われませんでしたが、、、やはり派遣の案件を決めるのに資格がないと不利だと思うのと、資格手当が月額で出るので、積極的に資格取得をしていこうと思います。これまでは資格なんてあってもなくても収入に関係なかったので放置でしたが、、、おかげで未取得の簡単な資格がたくさん!
まさにこの時のために俺は資格取るの待ってたんだよ~、とばかりに、生まれて初めて資格試験を真剣に受けるつもりになりました。

で、手始めに、先ほど早速Javaプログラマ認定の試験を1/8に予約。年末年始に問題集で対策して合格を目指します。
受験料が3万以上とボッタクリで泣いてます(T-T)。そんなに難しい試験ではないので、絶対に一発合格!!!目指して頑張ります。

仕事納め(と、ポジティブ・シンキングについて)

 2010-12-29
今朝は高層ビルの最上階にいる時に大地震が発生してビルが倒壊する夢を見ました。私と知り合い2人はなんと無傷で助かりました。果たしていい夢なのか悪い夢なのか。。。(^^;)

さて、28日をもって無事仕事納めとなりました。まだ2日しか働いてませんが(汗)。
昨日も一人中途採用の人が配属になりましたが、リーダーが忙しくて放置されていました。一日違いでこの扱いの違い。。。これも運というものなのでしょう。その人はOJTを年内に受けられず、年明けも仕事がなさそうだとくさっていました。

俗にいう成功ノウハウ等の本で散々書かれていますが、運を引き寄せるには、前向き思考が近道です。すべて自分に都合よく(わがままっていうのとは違いますよ^^;)、明るく捉え、前向きに行動していれば運はおのずとついてくるものです。目下転落中(^^;)の私ですが、これまでの経験から、それって言えてるな~、と思います。

私は心配や後悔など、ネガティブな感情に時間を与えません。自分を落ち込ませるだけで、何の役にも立たないからです。
これまでの自分をほめたり、幸運に感謝したりはよくします。酒飲みながら、今までよくやってきたよな~♪とか、このご時勢、まだ恵まれてる方だよな~♪などとひたってみたりすると、自信や、未来への活力がわいてきます。

こういうポジティブ・シンキングは、外資での勤務経験で身に付きました。昨日の中途採用の人も、悲観的にならずに明るい方向に自分の力を使ってほしいものです。さすれば、道は開かれん。たぶんね(^^;)。

幸先よし!

 2010-12-28
さて、昨日の初出社。まさに案ずるより産むが易しを地で行くスタートでした。

初めて訪れる東京支店のエレベーターホールでいきなり同期に初対面。同一支店に同日入社、ほぼ同い年(アラフィフ)のNさんです。二人とも雑用プロジェクトに駆り出されるためにしばらく一緒に仕事をすることになります。
中途採用で同じプロジェクトでスタートなんてあまりないと思うんで、ラッキー♪

職場はとてもいい雰囲気でした。午前中は入社手続き、午後は雑用プロジェクトの説明を受けましたが、なんとまぁ感動するほど丁寧。気さくなリーダーも同僚もいい感じ。会社に慣れるには絶好のプロジェクトとなりそうです。
私は前職の最後の1年間は営業部隊にいましたので、そういえば技術畑の空気ってこうだったなぁ、今回技術系を選択してよかったなぁ、と懐かしく思いました。営業系はやはり数字に厳しくてどこかギスギスした雰囲気がありますので。

当面のネックはやっぱり給料。Nさんと情報交換したら、全く同一額でした(^^;)。
残業なしで待機なんて発生したらあっという間に家計は赤字。案件に貪欲に食らいついて適度に残業していくしかありません。とはいえ、待機が発生してもすぐにクビが寒くなるようなことはないようなので一安心。

Nさんとは、給料の安さや、転職の厳しさをグチりながらも、先行きの保証など何もないこのご時世、行けるところまで頑張るしかないという前向きな姿勢で一致、とても気の合う大切な同期になりそうです。

そんなわけで幸先のいい初日でした。多分今日で仕事納めになる「はず」です♪

いよいよ今日初出社です

 2010-12-27
いよいよ今日、初出社です。個人事業で一敗地にまみれ、雇われ人生に逆戻り。
しかもブラックの可能性が強い派遣会社で前職の1/3の安月給。
まさに時代・年齢を代表する転落ストーリー???
どうなる? オレ?(^^;)

それでも、派遣先にあぶれず、残業を少しすれば何とか生きていけますのでまだありがたい方だと思います。
最初は東京支店での雑用仕事ですが、早く地元支店でいい仕事が見つかるように頑張ります。

一発逆転は宝くじ系で。庶民はささやかな夢を買います。
あ、そうそう、この記事、私お気に入りです。購入は細く長くね♪
人生の一発逆転という悲しい夢

再就職までの道のりを振り返る(退職編)

 2010-12-26
転職サイトで応募してから2週間ちょい、ばたばたと選考が進み、明日入社する運びとなりました。
給料が入るまでは何かと持ち出しが多く、憂鬱です。派遣先が確保できるかどうかも心配です。
まぁ、案ずるより産むが易しで乗り越えていくしかないですね♪

前職は外資系の大手ITベンダーで技術営業をやっていました。日本の国際的な地位が低下する中、いつまでも高待遇で働ける会社ではないと覚悟はしていました。辞めてほしいと言われたらぶら下がるための不毛な努力をしないためにも即座に辞めるつもりでいました。そしてその日は突然やってきました。2009年6月をもって退職しました。

退職前に1か月間の有給がとれましたが、目立った求職活動はしませんでした。遠距離通勤に疲れたこともあり、しばらく休養しながらワークライフバランスを「ライフ」の方向に振る方向性を模索しようと考えました。今となっては大甘だったとしか言いようがありませんが、少し前にはエージェントに登録して求人紹介もバンバン来ていただけに、いざとなれば職はなんとでもなるだろうと思ったのです。よくよく考えてみればリーマンショックの前でしたが。

とにもかくにも、社会に出て20年、前半終了のハーフタイムです。後半を戦う気持ちが自然にわいてくるのを待つことにしました。2009年いっぱいは何も考えずに過ごしました。あちこち旅行に出かけたりして。今から思うとキリギリスのようですが、楽しい思い出がたくさんできました。

会社を辞めたこと、退職金で遊んで過ごしたこと、、、あまり賢明な判断ではありませんでしたが、後悔はしません。
過去と他人は変えられないですし♪

入社決定

 2010-12-25
給料は安いですが、贅沢も言えず、入社を決めました。早速27日に初出社です。
一応正社員雇用ですが、特定派遣労働者となります。地元でいいお客さんを見つけて気に入られて転職なんてことを夢見て頑張りたいと思います。

不採用理由の通知を義務付けては?

 2010-12-23
空前の買い手市場なんていう言葉を遥かに超越した異常な状況が続いています。
求職者の足元を見る大手企業やブラック企業に応募が殺到するかと思えば、隠れた優良企業である中小企業では人手不足に悩んでいます。雇用のミスマッチここに極まれり!です。

ここまで悪化したのは、経済情勢の悪化もさることながら、政府のあきれるほどの無策ぶりが原因です。
「1に雇用、2に雇用、3に雇用」などと馬鹿の一つ覚えのように繰り返しておいて何もしない馬鹿総理はハローワーク視察してる場合じゃないです、土下座して謝ってすぐに解散総選挙してもらいたい。

採用活動と求職活動に日本国民がかけているエネルギーは異常です。本来は仕事や学業の習得に向けるべきエネルギーを、履歴書・職務経歴書の書き方や、適性試験対策や、面接対策に無駄に浪費しているのです。これでは日本の国際的競争力は下がる一方です。

金をばらまく以外能がない政府には見切りをつけて、ネット政談をしましょう♪
一案ですが、この不毛な就活を少しでも意義があるものにするために、不採用となった場合の理由通知を義務付けるというのはどうでしょうか?
・倍率が高かったため年齢がネックになった
・スキルの割に通勤時間が長かった
・他に○○のスキルを持っている応募者がいた
などなど。

応募数や採用数、どんな人を採用したのか、採用理由を教えてくれたり、1回でいいから質問にも応じてくれるようになれば尚可ですね。取り組みが適当と感じた企業は「ちくる」仕組みもあるといいかと。どうして書類選考で落ちてしまうのか、面接の感触はよかったのになぜ通過しなかったのか、理由を知ることによってプラスのフィードバックループが生まれると思うんです。

お金ばらまいて無理やり採用増やしてもカンフル剤にしかなりません。産業構造の変化を受け入れ、雇用の流動性を促進し、会社と求職者のマッチングがうまくできるような政策が必要だと思うのです。

二次面接通過、そして条件提示へ

 2010-12-22
本命企業の二次面接を通過しました。
二次面接では、いきなり、名古屋や横浜への単身赴任を示唆されたり、年内に入社して誰でもできる単純作業を年末年始にしてほしいようなことを言われ、ちょっとブラック色を感じました。首都圏で仕事取れない営業力ならあまりお世話になりたくないんですけれど~(^^;)。誰でもできる仕事って、スキルマッチングちゃんとできるまともな案件持ってんの~?(^^;)。

夢はかなりしぼみましたが、一応書面で条件提示があるそうなので聞いてきます。贅沢言っている場合ではないので、決めてくるかもしれません。単身赴任なしで現状の生活レベルを維持できる最低限の収入があればよしとします。本社ではなく、地元近くの支店で条件提示なので少し希望が持てるかな。多少安くてもいいから地元で仕事したいよ~♪

本命企業は元ブラック♪

 2010-12-20
面接週間が終わりました。3社の一次面接を受けましたが、1社は詐欺状態で話にならず。もう1社は片道2時間通勤でちょっと遠慮したい感じ。

1社は気に入りました。ネットで調べると元有名なブラック派遣企業で、最近かなり大規模なリストラがあったようです。会社が生まれ変わったといっていいレベルです。派遣から受託開発への業態シフトに努力しているところが好印象です。帰社日の研修にも力を入れているようです。単なる人貸しではこの先やっていけないことを経営層が理解し、変化していこうという雰囲気を感じます。直観ですが、再びキャリアの階段を上るチャンスが眠っているような気がします。

アジャイルが注目される昨今、旧来型のIT業界のピラミッド構造は劇的に変化していくでしょう。これからは現場主義、モノを作ってナンボ。下流工程どんと来い、です♪
地元企業で仕事をしながら、開発方式の主流を見極め、会社にアピールして、新しいビジネスモデルを提案していく。単なる派遣社員でおわることなく、会社内で活躍の余地があるところが魅力です。

あ、会社に尽くすことはしませんよ? 会社は従業員を守ってはくれませんから。
会社とWin-Winの関係を築いて自分の競争力を高める、そんな働き方をしたいです♪

求人内容に相違あり!

 2010-12-19
正社員雇用のIT技術者派遣会社の求人に応募して面接に行ってきました。
聞いてみると、話が全然違う。事務職の派遣がほとんどでIT技術者の派遣はほとんどしていない、さらに、6か月以上の仕事がなければ正社員としての雇用はしないとのこと。
登録型派遣に毛が生えかけの会社でした。ありえないっつーの。

まぁ、せっかくの機会なので、面接の練習ということでめいっぱいアピールしてきましたが、絶対辞退です。
ついでに、ほとぼりがさめたら、転職サイトに虚偽記載で報告してやります。
買い手市場だからって横暴は許さん!

中年求職者を甘く見るな!

 2010-12-18
地元近くの支店での面接、一次通過しました。お祈りはミスでした。あーよかった。
お客様先への派遣が中心ですが、一部請負もやっており、片道3時間の場所にある開発センターへの勤務が可能かどうか聞かれました。どうにも居住地がネックです。

「開発エンジニア」という募集でしたので、当然、一通り開発スキルをアピールしましたが、加えて、いい年した私を雇うことのメリットを力説しました。
1.メーカー系ベンダーで最上流を担った経験があるので、現場の状況や業界構造に明るい。
2.案件がなくても消極的に待つようなことはしない。営業経験もあるので、積極的に案件獲得に協力していく。
3.IT技術の講師経験などもあり、若い技術者の育成ができる。
4.IT技術の発展を大局的にとらえて一見単純な作業でもスキル育成につなげる前向きなモチベーションがある。
5.ひいては、個々の派遣の仕事をこなしつつ、会社の発展につなげる意識がある。
多分にハッタリも入ってますが(^^;)。
でも、どれも若い人には絶対に負けません。20年かけて蓄積してきた円熟味というやつです。

私、面接に進みさえすれば非常にウケがいいんです。
中年IT技術者の転職の悩みは、やっぱり、何と言っても書類選考落ちですよね。私の場合は個人事業やったりしてたブランクが弱みになっています。

相当数は年齢で切られていると思いますが、そういうことする企業はアホだなと思います。
若いうちからPMに抜擢、だの、平均年齢20代の若い会社です、だのいう求人出している会社をよく見かけますが、私、こういうところには応募していません。ビジネスの世界は奥が深いものです。昔は新人は3年は使い物にならないものと考えて育てたものです。駆け出しの若造を安くこき使うのは経営層のエゴでしかないと思います。
本当に最近の経営者は強欲かつ従業員のことを考えない輩が増えているような気がします。人格に欠陥がないとなれないかも♪

こんな風潮が長く続けば、日本企業は衰退します。(いや、すでに手遅れなんですが^^;)
中年求職者のみなさん、どんなに厳しくても決して卑屈にならずに、私たちが社会に必要であることをわからせてやりましょう♪

再就職戦線異状あり???

 2010-12-16
再就職作戦継続中であります。

さて、今日はひとつ1次面接に行ってきました。
内容はパーフェクトでしたが、片道2時間の通勤時間に面接官2人が絶句!
そんなの慣れっこですよ、と返しておきましたが、う~ん、落とされるとしたら通勤時間がネックかと。
書類選考の時にしっかりチェックしとかんかい~!と思うのは私だけではないはず(怒)。

書類選考通過はあいかわらず先週の金曜日、応募当日に反応があった4件だけ。
追加応募もしましたが、その後お祈りが続いています。スカウトがあった企業からもいまだ連絡なし。

そんな中、明日地元近くの支店で面接を受けるはずだった企業の本社からお祈りメールが???
手違いであってほしいと思いつつ、明日朝採用担当者に電話するつもりです~(>.<)。

だぶっちゃった(汗)

 2010-12-13
引き続き転職サイトで応募をしていますが、複数の転職サイトに掲載されている同一企業の求人に二重に応募してしまいました(汗)。
気を付けてはいたのですが、、、書類選考落ちかな~、やっぱり。
数打ちゃあたる戦略をとる時にはご用心♪

年内内定目指して大量応募!

 2010-12-12
10日金曜日早朝に転職サイトで16社に応募し、当日中に1社からお祈り、4社から書類選考通過の案内が届きました。
各社について面接の候補日を2~3上げなければいけませんので、これから会社所在地や選考プロセスを考えながらスケジューリングです。

今までIT系ではプロジェクトマネジメント職とベンダーコントロール等を中心とする社内SEのみに応募していました。要件定義や基本設計などの上流工程はともかく、詳細設計やコーディングはブランクがあるし、何より最新技術を概念だけでなく動くまでマスターする必要があります。技術革新についていけるか、長く働けるか心配なので通常のSE職はできるだけさけたかったのです。

ですが、どうやら1年半のブランクがある者をPMにしてくれる会社もないようですし、、、ブラック企業も怖いですので、PMや上流工程といったキーワードと、若い職場といったNGワードを考慮して選びだし、一気に応募しました。

正社員として所属して実際は顧客先常駐という形態の会社がほとんどですので、あとは各社が抱えている仕事と私のスキルのマッチング次第ですね。

これでどこにも引っかからなければいよいよ派遣登録会社をあたることになります。

日本終わってるwと改めて思う

 2010-12-11
ある転職サイトで地元の某ブラックと思しき企業のセミナーに応募したらソッコーで別のブラック企業からスカウトが来ました。

今や日本の企業のほとんどにブラックの噂があるし、ネットで調べるとあることないこと書いてあるので新卒の人は不安極まりないでしょうね。社会人経験がある程度ある人なら悪意のある書き込みは除外して考えられるでしょうけど。。。

それにしても、自分がこういう状況になってみてはじめて、日本の求職者が置かれている状況がいかにひどいか実感しました。安定した(と思っていた^^;)職に就いている間は本当の意味ではわかっていなかったんだなぁ、と思います。いわんやエリートの人たち(政治家や官僚や経営者etc)にはとてもわからないでしょうね。

ブラック企業について特集?したサイトを見つけました。さもありなんと思えてしまうところが本当に恐ろしい。。。
http://www.zakzak.co.jp/economy/rensai/economy-r11777.htm

時の為政者は国が危機に瀕した時、3割の国民が生き残っていれば国の復興は可能であると考えたりするらしいです。
7割は切り捨ててもいいと考えているなら政治・行政の無為無策も納得できる気がします。

庶民はただ働いていれば生きていける時代は終わったのかもしれません。生きるためにプラスアルファを考えなければいけないのではないでしょうか。

キツーイお祈り

 2010-12-08
先日適性試験を受けた某社ですが、祈られてしまいました。

能力試験自体はSPI2みたいに難しいものではなく、さほど出来は悪くなかったと思うので性格適性で落とされたか?
Webでの書類選考を通過しての会社説明会参加に続く適性検査でしたが、同時に履歴書と職務経歴書を再提出しました。
未経験者歓迎の生保営業、前にも書いた通り、倍率高そうだったので経験者を優先したのかもしれません。
片道2時間の通勤距離が敬遠されたのかもしれません。

それとも、私に保険を売り込む人脈がない、あるいは売り込む気がないと見抜かれてしまったのかも?
この会社、職務経歴に勤務地と最終年収を書いて、「以上、相違ありません」とサインしなければいけないんです。どれだけ売り込み可能な人脈を持っているかが選考基準なんでしょうね。
私は知り合いに強引な営業をかけたくないし、長く勤めるのは無理だとわかっていました。固定給の研修期間を当て込んで当面の生活費を工面し、保険の知識を得、FPの資格をとって、来店型の保険ショップに転職、なんて都合よく考えていたのです(^^;)。

年収実績を売りにして祈られたのはけっこうな精神的ダメージです。
来週、また一つ年をとって45になります。そして、年明けには前年年収というささやかな武器は失われます。

誕生日のすぐ後に、自宅近くにショールームがある会社のセミナーを受けます。ブラック企業の疑いが強いところです。とりあえずどんなもんか見てきます。毒を食らわば皿まで、な~んてね♪
でも人様に迷惑をかける仕事は絶対にしないぞ!

人間ドック

 2010-12-07
今日は人間ドックに行ってきました。

日頃の不摂生がたたり、もろにメタボリックシンドローム。
血糖、脂肪代謝、尿酸値がレッドゾーンで薬飲んでます。
あと、脂肪肝。
胃カメラ飲んだら、逆流性食道炎、胃炎、十二指腸炎と診断されました。自覚症状ないけど。

他は問題ないそうですが、この症状、10キロ痩せれば全て軽快するということなんで、いよいよ頑張って減量せねば♪
最近は運動も思うようにまかせず。。。年とるのってやですね(^^;)。

すわ! 適性試験!!

 2010-12-03
某社の選考で適性試験を受けることになりました。
適性試験なんて社会人になって以来受けたことがありません。
これはちょっと対策しておかねば。

軽い気持ちで書店で対策本を探してみたら、結構奥が深いのですね。
SPI2対策30日間なんつーのが平気で並んでいます。
世の中の求職者(特に新卒の人)は適性試験対策に30日間もかけるのか~?
無駄な努力に思えてなりません(-。-)。

結局時間もないことですし、この本にしました。

「直前の」というところが一夜漬け人生を送ってきた私にぴったり(^^;)。
試験時間が1時間以内、電卓持参とのことなので、数学、非言語分野を中心に軽く流しておこうと思います。言語分野は一夜漬け効かないから出たとこ勝負!

あ、この本、性格適性の対策は載っていません。
そんなの飾ってもしかたないですからね~。

履歴書と職務経歴書も書かなきゃいけないし、今日はこれで失礼します。

いったいぜんたい倍率何倍なんですか~?

 2010-12-02
ブログ始めました~って知り合いにメールしたら、「太宰治もびっくりの暗さ」という反応が(^^;)。

いや、本人はあまり深刻じゃないんですけどね?(まだ)
ブラックユーモアを効かせていきますが、退かないでくださいね~♪
一応再就職して人生もう一花咲かせ、あわよくばその過程をブログ本に、なんつー都合の良い構想になっております。

さて、私は約20年に渡りIT業界で技術者系の仕事に従事してきたわけなんですが、まぁアラフォー末期の年齢のせいなのか、放浪したり個人事業やったりしてブランクがあるせいなのか、ことごとく書類選考ではねられております。
1件だけプロジェクトマネージャー職で二次面接まで行きましたが、やっぱりお祈り。ぐっすん(T^T)。

ということで活動の幅を広げようと、入社の敷居が低そうな未経験者歓迎の営業に応募しまして、、、書類選考が通ったので意気揚々と会社説明会に行ってきたわけです。大した人数じゃないだろうとタカをくくっていたら、来るわ来るわ、会場は満席、ざっと30人以上はいたでしょうか。説明会何回やってるのか知らないけど、倍率はいったいどれくらいなんでしょう~(◎_◎)?

想像するだに恐ろしい。
低く見積もっても10倍、へたしたら100倍くらい行くかも!

ま、当たって砕けろで選考を受けてみることにしました!

ゆる~い感じでブログ始めます~♪

 2010-12-01
はじめまして。
早いもので2010年も師走に入りました。
今日からブログを始めようと思います。

テーマは、「40代中年、無収入生活からの再起」です。
一応個人事業主なんで無職とはあえて書きません。「無収入」です(^^;)。

先日、当面の生活費を工面するため、終身生命保険を解約しました。結構どん詰まりです。
暖かくなるまで無収入が続けば、現在の生活レベルは維持できなくなります。

まあ深刻になってもしゃーないんで、「他人事のように明るく能天気に」をモットーに書いていきます。
あと、世の中ここがおかしいぞ、とか正論とも愚痴ともつかないような戯言も書くと思います。

どうぞよろしくお願いします。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

ウィル

Author:ウィル
40代で失業。 雇われ人生に嫌気がさし、しばらく余裕ぶっこいて放浪の後、個人事業を立ち上げるもあっさり失敗。お祈りの嵐をかいくぐり、何とか派遣会社に再就職を果たすも、薄給で前途は多難!
人生詰んだかも~?
せめて死ぬまでは前向きに楽しく生きる、が信条です♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。